東京都中野区のとどろき皮膚科クリニックでは、皮膚科専門医による一般皮膚科診療の他、レーザー、ケミカルピーリング等を取り扱っています。TEL : 03-3385-1112    

レーザー

美容皮膚科のページ

レーザー治療

すでに東京逓信病院勤務時代から通算10年、2000例以上の方にレーザー治療をしてまいりました。従来あざやしみは凍結療法や手術療法で治療されていましたが、レーザー治療は簡単、安全、確実でまさに画期的な治療です。

レーザーとは

レーザーとはLight Amplification by Stimulated Emission of Radiationの頭文字LASERから作られた言葉で、増幅されたある波長の光のことです。よくレーザー治療が怖いとおっしゃられる方がいらっしゃいますが、レーザーがある波長の光のことだと理解すればもう怖くはないはずです。手術のように時間や労力を要する治療と違って、簡単で安全性も高い治療なのです。

現在、外科のレーザーメスや眼科の光凝固療法など、様々な種類のレーザーが作られ、医療現場で活躍しています。皮膚科でも脱毛、赤あざ、しみ、しわ、にきびと各々の目的に合わせて色々な種類のレーザーが使われています。

一口にレーザーといっても、守備範囲は広いけれど切れ味が今一つのものや、一つしか治療できないけれど、最良の結果が得られるもの、軽自動車級のものからスーパーカーに匹敵する最新式レーザーまで色々な種類があります。治療を受ける側としてその点も理解しておくべきでしょう。当クリニックのQスイッチアレックスレーザーは色素斑(あざ、しみ)用に開発された最新式のレーザーで、色素斑に対して現在最も優れたレーザーです。このレーザーはQスイッチを用いることにより、発振パルスを短くし、皮膚に対するダメージを最小限にする事が出来ました。