東京都中野区のとどろき皮膚科クリニックでは、皮膚科専門医による一般皮膚科診療の他、レーザー、ケミカルピーリング等を取り扱っています。TEL : 03-3385-1112    

にきび

美容皮膚科のページ

まず原因探し!

にきびと一口に言っても、年齢や性別によってその原因は千差万別です。そしてにきび治療に一番大切なのは、ひとりひとり原因を正しく見つけ出し改善することです。

私のクリニックにはにきびで悩む沢山の患者さんが毎日来院されますが、知らず知らずの間に間違ったスキンケアを続けて、にきびと縁が切れず格闘している方が本当に多いのは驚きです。

もちろんどんな乱暴な生活をしてもにきびができない人もいます。でも残念ながらにきびが出来やすいスキンタイプの方、諦めないで下さい。まずはちょっとした生活習慣の注意やケアで、にきびとさよならできるはずです。

nikibi

にきびとは?

毛穴の角質が増殖して栓のようになると、皮脂が出られなくなって詰まります。

さらにホルモンバランスやストレスなど様々な原因で皮脂腺が増加して皮脂分泌が盛んになると、皮脂で毛穴が塞がってにきびがスタートします。

にきびの好発部位は顔面、前胸部、背部ですが、この部位は皮脂腺が発達しているためです。

にきびの種類

白にきび 毛穴が詰まって皮膚の浅いところにまで皮脂がたまり、表面から見えて白く見えるものを白にきびといいます。
黒にきび 毛穴が拡がった状態で、詰まった皮脂が酸素と反応して黒く見えるものを黒にきびビといいます。
赤にきび 毛穴に常在しているにきび菌が増えると、リパーゼという酸素を使って皮脂を脂肪酸に分解します。 この脂肪酸は皮膚を刺激して炎症をおこすため、赤く腫れたにきびになります。
にきび跡 活動性のにきびが治った後、皮膚表面に傷跡や色調の変化を残す事があります。これを、にきび跡といいます。
nikibi

にきびの治療

信頼できる皮膚科医に相談し、まず間違った生活習慣やケアを見つけて改善しましょう。

基本的には皮膚を調整するビタミン剤の内服と、皮膚の状態にあった外用薬(抗生剤含有クリームやローションやイオウ含有角栓除去ローションなど)を選んで治療します。

三日坊主にならずにこつこつ続ける事が大切です。

コントロールが難しかったり短期間で良くしたい場合には、抗生剤内服やケミカルピーリングを追加すると有効です。

にきびと女性ホルモン

皮脂腺は男性ホルモンの働きで発達しますが、もうひとつ女性ホルモンのうち、プロゲステロンも皮脂腺の働きを盛んにします。生理前ににきびが出来やすくなるのもプロゲステロンの働きです。また生まれたばかりの赤ちゃんの額や頬ににきびができる事があります。これも母親からのプロゲステロンが赤ちゃんの皮脂腺に作用して生じているのです。